事業紹介

当社の取り組み

製品の多様化、高度化に伴い、特に重要部品である球状黒鉛鋳鉄に対する要求は厳しく、

1品質 2寸法精度 3納期の短縮

が強く要請されているのが現状であります。


弊社は、これらの要請に対応するため、JIS規格を大きく上回る高品質な鋳鉄品を安定供給するという方針の元に、合理的な生産でお客様のご要望にお応え致しております。

機械的性質

鋳鉄が作られるには 液体化→凝固→固体化 の過程を必ず通ることになります。

鋳鉄溶湯は、温度低下とともに液体収縮し、液相線の温度で初晶黒鉛と初晶オーステナイトの晶出が始まり、共晶温度に至ると共晶凝固を開始して凝固を終了します。 こうした凝固のメカニズムの中で、ガスの溶け込みや放出、表面張力、引け性、黒鉛による膨張、鋳型の変形挙動等、様々な動きが暗黙のうちに進行していくことが鋳物作りの上で難しいことです。

こうした一連の挙動について研究者の方の理論解析、技術の研鑽を深めその活用、さらに凝固シュミレーションにより考察し、また、材質面においても強度と伸びのコンビネーションを良くし、高強度、高伸びの材料を追求することで当社の1番の命題である安定した品質の製品を作り、お客様にご使用頂いております。

 

技術的特長

 

お問い合わせ メールでのお問い合わせ